「すぷーんの森」が浜松市の「防災井戸」として登録されました

この度、弊社グループ施設である「すぷーんの森」敷地内の井戸が浜松市の「防災井戸」に認定・登録されました。当井戸は、自然災害などの緊急事態の際に開放し、皆様に無償でご利用いただけるものです。
これからもRe・lationグループは、周辺地域のためにできることを全社員・スタッフが一丸となって取り組んでまいります。
※井戸水は飲用でありませんのでご注意ください

浜松市 災害井戸についてはコチラから

Re・lationグループでは、BCP「事業継続計画」を策定しています。こちらは、非常時における従業員の安全確保や、事業継続力強化による経済的・社会的影響の軽減に資すること、そして被災した周辺地域への復刻支援を目的として作成・実行しております。

※BCP(事業継続計画、Business Continuity Planningの略)とは、災害などの緊急事態が発生した際に、さまざまなリスクを考慮し、障害発生時に損害や損失を最小限に抑制し、万一事業活動が中断した場合でも早急に復旧・再開させ、事業中断に伴うリスクを最小限にするために、あらかじめ策定しておく計画のことです。

前の記事

新年のご挨拶